こんな確かなことが今も側にあるなんて。

もう年が年なので、っていうか次の日のことを考えて、あんまり深夜に行動はしない、っていうか、深夜に行動しても別にいいこともないし、昼であろうと”あー見逃した!”的な悔恨を感じることがない、ので夜はごろんと転がって半ば寝るのが常ですが、昨夜はレイトショーに行ってきた。

THE LONG SEASON REVUE

映像を見ていて、この世にこんなに自然で、こんなに優雅な時が存在することを、いいなあそれって。と思った。
なんて不思議な話だろ こんな世界の真ん中で僕が 頼りだなんてね・・・なんて歌詞を書き写す陶酔!でもまあ、いい時間でした。
今日が終わると、明日からは長いお休みで、今朝みたいに春が冷えたみたいな気候だとうれしいのに。