卒業。

卒業 (新潮文庫)

卒業 (新潮文庫)

落ちついた感じの男性一人称、四編。彼らがすこし「歪む」。けっこう、泣いてしまって、「泣けるマスカラはお湯で落ちるが涙のような水では落ちないというのが売り*1だけど、涙ってなんか熱い…。でもマスカラ付けてないから関係ないけど。」なんて思っていた。
お母さんが子供のことを考えて書いた日記の文章が、なんかうちの親の文章とそっくりで、母親というものは、似たような文章を書くのか?!って思った。

*1:ちなみに、あなたと彼にだけわかる「リッチローズの香り」も売りである。ラブリーのいる方はお試しあれ。